30代でも出来てしまう男の大人ニキビ対策方法

30代でも出来てしまう男の大人ニキビ対策方法

ニキビは思春期にできるものというイメージがありますが、30代・40代になってもニキビに悩まされる方は珍しくありません。
特に男性は、女性より皮脂の分泌量が多く皮脂トラブルがおこりがちです。

 

そして、大人になってからのニキビは思春期ニキビより厄介。
治りづらく、改善するためには正しい知識と対処が必要になります。

ですので、今回は、大人ニキビの特徴から対処法まで詳しく解説していきます。

大人ニキビのできる原因

ニキビは、毛穴が詰まりアクネ菌が皮脂を餌に繁殖することによってできますが、大人ニキビと思春期ニキビはできる原因にも違いがあります。

 

思春期ニキビは、第二次成長期に男性ホルモンの分泌が盛んになることにより、皮脂腺の働きが活発化し、皮脂が過剰分泌されることが主な原因です。

一方の大人ニキビは、

・寝不足
・不規則な生活
・飲酒
・喫煙
・ストレス

など様々な原因が肌のターンオーバーの乱れをまねき起こります。

大人ニキビの特徴

大人ニキビと思春期ニキビには症状にも違いがあります。

 

まず、思春期ニキビは、額や、鼻周りに出来やすい傾向があります。
対して、大人ニキビは、顎周辺や、エラ、身体などに出来やすい傾向があります。
大人になるにつれ、ニキビの出来る位置は下がって行くのです。

 

そして、大人ニキビは同じ部位に繰り返しできやすいという特徴もあります。
10代の頃に比べ、代謝も落ちていますので回復も遅くなります。

 

そのため、大人ニキビは跡にもなりやすい厄介な存在なのです。

洗顔、保湿を見直そう

基本的なことですが、ニキビ対策には洗顔と保湿が大事です。

 

脂性肌だからといって、ゴシゴシ洗顔をしてしまうことはNG。

ベタベタするのが嫌で化粧水や乳液をおろそかにしてしまうのもNGです。

 

強い刺激を受けた肌や、乾燥している肌は、防御反応として皮脂を過剰に分泌してしまいます。

洗顔→化粧水→乳液(保湿ジェル)は、夏でもおこないましょう。

 

どの化粧水がよいか分からないという方には、メンズスキンケアブランド「バルクオム」がおすすめです。

関連記事『ひとつ上の男を目指せるスキンケアブランド「バルクオム」を徹底解剖』

 

また、大人になるとどうしても肌の新陳代謝が落ちてしまい、不要な角質や汚れが皮膚に残りやすくなります。

ですので、週に1~2度のスペシャルケアとしてピーリング効果のある石鹸を使うのも効果的です。

規則正しい生活をし質の良い睡眠をとろう

大人ニキビを防ぐには、規則正しい生活を心がけることも大事です。

体内のビタミンCを低下させ血流を悪化させる喫煙や、飲酒も控えましょう。

 

また、肌のターンオーバーは睡眠時に活発化します。

そのため、しっかりと睡眠時間を確保し、質のよい眠りがつけるように生活リズムを整えましょう。

それでも治らない場合には皮膚科に行こう

洗顔や生活習慣を見直しても、大人ニキビはしつこくできてしまうこともあります。

治らない場合には、皮膚科で薬を処方してもらいましょう。

現在30代の方たちが10代頃よりも、処方できる薬の種類も増えており、効果的な治療がおこなえるようになってきています。

 

それでも、治らない場合には、自由診療でのニキビ治療という選択肢もあります。

ゴリラクリニックでは、何度も同じ位置に繰り返すニキビには皮脂腺を直接焼く施術や、ケミカルピーリングでの角質除去、イオン導入での栄養素の補給によるニキビ予防、ニキビ跡の改善治療など、多くのニキビ治療を扱っています。

機械による肌診断や、レーザー治療、ピーリング、イオン導入がおこなえるスキンケアトライアウト2,980円でうけることができますので、肌に悩みのある方はチェックしてみることをおすすめします。

スキンケアカテゴリの最新記事