AGAはどうしてなるの?遺伝が原因って本当?

  • 2020.08.25
AGAはどうしてなるの?遺伝が原因って本当?

自分がこれからAGAになってしまうのではないかと不安になっている男性は多いでしょう。
AGAといえば遺伝でなるものだという説があり、その点が気になる人がいるかもしれません。

それでは本当にAGAは遺伝が原因なのか、それとも違う原因があるのかみていきます。

AGAはさまざまな因子が複合的に影響し合う

AGAの原因の1つが遺伝ですが、それ以外にもさまざまな要因が複合的に影響を及ぼしています。
そのため、一概にAGAの原因が遺伝であると結論づけることはできません。
仮に祖父や父親がハゲていたとしても、絶対に自分もハゲになると諦めてはいけないです。

 

AGAの原因とされているものは遺伝以外に栄養やストレス、ホルモンなどがあります。

そのため、遺伝的にハゲのいない家系であっても、ハゲてしまうというケースもあるのです。
大切なことは若いうちからAGAに関係する要素を1つずつ取り除いていくことです。

そうすれば、薄毛や抜け毛の発症を抑えることができ、予防できるとされています。

AGAの直接的な原因は男性ホルモン

AGAになる直接の原因は男性ホルモンです。

人間の毛の根元には男性ホルモン感受性毛包と呼ばれるものがあります。
これが男性ホルモンを受けると毛に作用するのです。
ヒゲや胸などの場合は、男性ホルモンの分泌が活発になると男性ホルモン感受性毛包がホルモンを受けて毛の成長を促します。

逆に頭頂部や前頭部の場合は、男性ホルモン感受性毛包が男性ホルモンを受け取ると、頭髪の軟毛化現象が起きることがわかっています。
したがって、ヒゲや胸毛の濃い人は男性ホルモンが活発であり、そういう人は薄毛になりやすいとされているのです。

 

そして、男性ホルモン感受性毛包の感受性は遺伝的な要素が影響を及ぼしているとされています。
このことから、AGAは遺伝が大きく関係していると考えられているのです。

また、男性ホルモンの分泌量も遺伝の影響を受けるとされています。
このようにAGAの発症にはいろいろな遺伝的要素が関係していると予想されているのです。

AGAというのは複数の遺伝的要素が関係していて、多因子遺伝疾患に属しています。

AGAは母方の家系から遺伝するのは本当か?

AGAについて母方の家系にハゲがいれば遺伝するという俗説があります。
これは男性ホルモンの受容体に関係する遺伝子の一部の情報がX染色体に存在するとされているからです。

母親から引き継いできたX染色体上にAGAを促す遺伝子が存在する可能性が高いとされています。

 

ただし、これはあくまでも可能性の問題であり、絶対にAGAが遺伝するとは限りません。

X染色体にある遺伝子にAGAの発症を引き起こす要素が含まれている可能性があるという話です。
そのため、母方の親族にハゲがいたとしても必要以上に気にすることはないでしょう。

AGAは早めの予防と治療が大切

AGAについては早くから予防をして、症状が出たときには早めに治療することが大切です。
AGAは絶対に治らない疾患ではなく、適切な治療を受けることで改善を見込めるとされています。

しかし、発症してから長い期間が経過して進行が重度の状態に達していると改善の可能性が低下します。
進行性の疾患であり、しっかりと対処しないといつまでもAGAが進行し続けてしまうのが特徴です。

もし、家系に薄毛の人がいたり、すでに薄毛や抜け毛の症状が出ていたりするならば、早めにAGA専門のクリニックなどを受診するとよいでしょう。
そうすれば、あなたがすでにAGAを発症しているのか、どのように治療すればいいのか、普段の生活で何を注意すればいいのかといったことを教えてもらえます。

まとめ

AGAには遺伝的な要素が関わっているとされています。ただし、それはあくまでもAGAの因子の1つであり、その他の因子も複合的に関わるのがAGAという疾患です。
いずれにしてもAGAは早めに予防と治療を開始することが大切です。

カテゴリの最新記事