ポリフェノールの種類と摂取できる食べ物

ポリフェノールの種類と摂取できる食べ物

ポリフェノールとは抗酸化作用が強い成分です。

つまり、ポリフェノールを摂取することでアンチエイジング効果が期待されると言われています。

ポリフェノールは自然界にある植物の葉や茎のほとんどに存在しており、種類は8000以上と言われています。

植物は紫外線や乾燥を受けることでストレスを感じますが、そのストレスに負けないように「ケミカル」という物質を作り出すことで身を守っています。

ケミカルには身体の生理的な機能を高めてくれる効果があり、私たち人間の身体にとっても効果を発揮してくれます。

では、ポリフェノールの種類や効果について見ていきたいと思います。

ポリフェノールの種類

上記で説明したように8000以上もの種類があると言われていますが、ここでは代表的なポリフェノールについて見ていきます。

アントシアニン

スマホやパソコンが身近な現代ではとくに目の健康を気にされる方は多いのではないでしょうか。
アントシアニンはロドプシンというタンパク質の合成を再び促してくれることで目に関する効果が期待できると言われています。

カテキン

カテキンには様々な効果がありますが、とくに注目したいのが肌のたるみやシワに効果的だということです。
美肌の為にもしっかりと摂取したい成分ですね。

カカオポリフェノール

カカオポリフェノールを摂取すると血管を広げてくれる作用が期待されています。
また、血管もしなやかにし、動脈硬化の予防に効果的と言われています。

ルチン

ルチンは毛細血管を強くしてくれる作用があり、血流が良くなると言われています。カカオポリフェノールと同様に動脈硬化に期待されています。

フェルラ酸

フェルラ酸はメラニンの生成を抑制する効果があり、シミやシワの予防、美白効果などが期待されています。

コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)

コーヒーポリフェノールは脂肪の消費量をupさせ、内臓脂肪を減らす効果が期待されています。

クルクミン

肝機能を気にされている方も多いと思います。
肝臓を保護してくれるクルクミンの摂取もおすすめです。

ショウガオール

ショウガオールを摂取することでシミやシワの予防が期待されています。

ポリフェノールが摂取できる食べ物

アントシアニン

アントシアニンは有名なものとしては赤ワインやブルーベリーが挙げられます。
他にも紫イモやナス、赤シソなどに含まれています。

カテキン

主なものは緑茶でしょう。
食事の時に緑茶にすると取り入れやすいですね。
また、紅茶にも含まれています。

カカオポリフェノール

チョコレート、ココアに含まれています。

ルチン

代表的なものは、そばです。
また、玉ねぎや柑橘類にも含まれています。

フェルラ酸

玄米に含まれています。

コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)

コーヒーに含まれています。

クルクミン

ターメリックに含まれています。
スパイスでカレーに色をつけているのがターメリックです。

ショウガオール

生姜に含まれています。

ポリフェノールの種類と摂取できる食べ物まとめ

美肌に効果的なポリフェノール

・カテキン
・フェルラ酸
・ショウガオール

身体に効果的なポリフェノール

・アントシアニン
・カカオポリフェノール
・ルチン
・コーヒーポリフェノール
・クルクミン

ポリフェノールを摂取することで上記に挙げたアンチエイジング効果が期待できますが、過剰摂取をすると身体に悪い影響が出るかもしれません。
必ず適量を摂取していくことを心がけてください。

食事カテゴリの最新記事