急なダイエットのデメリットとは?リバウンドやシワ・たるみの原因にもなる?

急なダイエットのデメリットとは?リバウンドやシワ・たるみの原因にもなる?

多くの男性が挑戦するダイエット。
日々新しいダイエット方法がテレビや雑誌で紹介されたり、ダイエット商品が販売されており、ダイエットというキーワードは何年経っても市場や世間を賑わせています。
ダイエットして体重を落としたいと願う男性は、しばしば過激なダイエット方法に走る傾向にあり、短期間で急激に体重を落とす人もいます。

こうした急なダイエット方法にデメリットはないのでしょうか?

今回は急なダイエットのデメリットについて、以下のポイントを中心に解説します。

・急なダイエットのデメリット①健康
・急なダイエットのデメリット②外見
・理想的なダイエットとは?

急なダイエットのデメリットとは?

急なダイエットのデメリット①健康

ダイエットとは本来、健康的な身体を取り戻すために行われるものです。

しかし、その意味を履き違え、体重をとにかく落とせばいいという思考に陥ってしまう人が多くいます。
確かに、現在肥満(メタボ)体型で今すぐにでも体重や脂肪を落とさないといけないと感じている人もいると思います。

 

しかし、後先を考えずに急なダイエットを行うと、健康を害する可能性があります。
過度な食事制限や過激な運動を行うことにより栄養が不足し、低血糖状態を引き起こすことがあります。

 

「糖質制限ダイエット」というダイエット方法は非常にメジャーな方法であり効果的ですが、中途半端な知識で糖質の摂取を0にするような方法をとると、エネルギー源がなくなってしまい、生活のパフォーマンスが著しく低下します。

手が震えてきたり集中力が持続しない、朝起きても眠気が一向に抜けないというのは危険なサインであり、ダイエットの方法を見直す必要があります。

 

また、水分を徹底的に抜くような運動や食事方法も危険です。
運動でダイエットしようとする場合、ボクサーが試合前の減量で厚着をして走っている光景をイメージして同じようなことをする人もいますが、素人がそれを行うのは危険です。

人間の身体は大半が水分でできており、それを無理やり抜くような運動をおこなうことで正常な健康状態を保つことができず、心臓や脳に大きな負担がかかります。

 

水分の過度な不足は脳梗塞の原因にもなると言われているので、無理に汗をかくような運動はしないほうが得策です。
確かに、汗をたくさんかけば運動している!という実感はわきますが、汗をたくさんかいても脂肪が一緒に落ちるわけではありません。

 

もちろん、適度な発汗は老廃物の輩出には効果がありますが、汗を出すことが目的になってしまうのは良くありません。
急なダイエットを行う人は特に上記のようなデメリットがあるので、おすすめできません。

急なダイエットのデメリット②外見

急なダイエットを行い、体重を短期間で落とすことに成功したとします。
確かに体重が落ちれば太っていた頃よりも顔がシャープになり、顔の脂肪が落ちて目が大きく見えたりする効果も無くはありません。

 

しかし、急激に体重を落とすことでどこか不健康そうな外見になってしまうこともあります。
その要因の一つとして、筋肉の減少が考えられます。

 

急激なダイエットを行うことで脂肪とともに筋肉も減少し、それ故に弱々しい身体になってしまいます。
そして筋肉が減少することにより代謝も下がり、再び食生活を素に戻した途端にリバウンドしてしまう可能性も高まります。

 

また、皮膚は伸びてしまうと縮みづらいという性質があります。
一気の顔周りの脂肪や筋肉を落とすことで皮膚のみが伸びたままとなってしまい、シワやたるみの原因にも繋がります。

太っていること自体は健康に良くないですが、間違った方法で急激なダイエットを行うことで一気に老けて見えてしまうというデメリットがあります。

理想的なダイエットとは?

急なダイエットを行うことで上記のようなデメリットが生じますが、ではこうしたデメリットを生じさせること無く健康的でかっこよくダイエットするにはどうすればいいのでしょうか?

まずは短期間で急激な体重の減少を目指すのではなく、長期的なスパンでダイエットを考えるべきです。

 

長期的とは、長くて1年、少なくとも3ヶ月のスパンで考えるということであり、今現在の体重がかなりの肥満体である場合には、半年くらいはダイエット期間として考えるべきです。

そして、最終的な体重目標を設定すべきですが、体重だけでなく他の要素も考慮に入れましょう。

体重だけを意識すると上記のように筋肉の減少やシワ・たるみの原因になります。

 

そこで、体脂肪をどれだけ減らせたかという数値目標を加え、更に見た目の変化として「どれだけ男らしい体型になったか」も考慮に入れましょう。
男らしい体型というのは、すなわち筋肉が適度についた体型のことです。

肩幅や背中を広くし、ウエストを引き締めるという逆三角形の体型はまさに理想の体型ですが、格闘家や芸能人(モデル)などを参考にし、その身体を手に入れるための努力をしましょう。

理想の運動と食事

男らしいかっこいい体型を作るには運動が欠かせません。
そして、かっこよく身体を手に入れるには筋トレを行うことをおすすめします。

 

デメリットの部分でも解説した通り、食事制限や汗を出すための運動では代謝が下がり、すぐにリバウンドします。
一方で、筋トレを行い筋肉量を増やし、体脂肪を効果的に落とすことができれば、メリハリのある体型を作ることができます。

筋肉量が増えれば体重は落ちにくくなりますが、そこは気にせず体脂肪がどれだけ減ったかを考えていきましょう。

 

 

また、ダイエットをするためにはしっかり食べることも大事です。
ダイエットしたいのに食べるというのは逆説的なようにも感じますが、人間は生きる上でエネルギーが必要であり、何も食べなければパフォーマンスを発揮できません。

必要なものを食べ、不要なものは食べないというメリハリをつけることが大事で、基本的にはたんぱく質を多めに摂取し、お菓子などからの糖質摂取を制限すること、そして脂質の多い食品を避けるという基本的なところからスタートしましょう。

まとめ

以上、急なダイエットを行うことによるデメリットを解説してきました。
今回の内容をまとめると、以下のようになります。

・急なダイエットは健康と外見に悪影響を及ぼす
・長期的な視野を持ってダイエットに取り組む
・正しい運動と食生活を取り入れる

痩せたいという気持ちを持つこと自体は間違いではありません。
しかしその気持ちが先走ると、デメリットとなって帰ってくることがあります。
今回の内容を参考にして、ただし努力をおこない、かっこいい身体を手に入れましょう。

ダイエットカテゴリの最新記事