男の30代は加齢臭にも気を付けよう。体臭を抑えるポイント

男の30代は加齢臭にも気を付けよう。体臭を抑えるポイント

30代になると男性の加齢臭はきつくなるとされています。

加齢臭がすれば周りに迷惑をかけてしまい、気まずい思いをすることもあるため避けたいものです。

ですので今回は、30代の男性が体臭を抑えるためのポイントについて解説します。

30代で臭いのは加齢臭ではなくミドル脂臭

実は体臭というのは1種類ではありません。

大きく分けて3つの種類に分けることができて、年代によって強さが違ってきます。

男性の体臭の種類として汗臭と、ミドル脂臭加齢臭という3つのタイプがあるのです。

 

若い男性というのは汗臭が強いとされています。

これは20代をピークとしてそのあとは減少していくものです。

 

次に30代の半ばを過ぎた頃から生じるのがミドル脂臭です。

こちらは加齢臭と勘違いされるものなのですが、ニオイの原因物質が異なるため注意しましょう。

 

ミドル脂臭は40代をピークとしてその後は減っていきます。

そして、50代の半ばになると加齢臭が発生するようになるのです。

30代はミドル脂臭だけではなく汗臭や加齢臭もする

30代半ばから50代半ばについては、ミドル脂臭だけではなく、汗臭や加齢臭もする年代とされています。

したがって、30代の後半からは3つの臭いが混在するようになり、男性の人生の中で最も体臭のある時期とされているのです。

そのため、この時期にしっかりと体臭を抑えるための努力をすることは大切です。

 

何もせずに放置しておくと人によってはかなりの体臭がするからです。

それは周りを不快にさせる可能性があり、あなたの評判を落とすことにつながります。

ミドル脂臭や加齢臭を抑えるには

30代の男性にとって最も注意しなければいけないものはミドル脂臭です。

ミドル脂臭の原因とされているのはジアセチルであり、これが皮脂臭と混ざることによって、ミドル脂臭という不快な臭いが発生します。

特に頭頂部や後頭部、うなじに発生するとされています。

そのため、枕に残りやすく、まるで使い古した油のような臭いがするのが特徴です。

臭いの元は頭部ですので、常に頭皮や髪の毛を清潔な状態に保っておくことがミドル脂臭の予防につながります。

正しいシャンプーを選んで、正しい方法で染髪を心がけてください。

 

染髪時には、頭皮マッサージをすることもおすすめします。

正しいヘアケアは薄毛予防にもつながります。

 

 

また、30代でも加齢臭が発生することはあります。

これは皮脂の成分が酸化することによって発生するのが特徴です。

そのため、しっかりと皮脂を取り除くことによって予防できます。

消臭成分のあるボディシャンプーを使うことで予防できます。

体の洗い残しのない部分をしっかりと洗うことが大切です。

 

また、衣類に加齢臭が蓄積しやすいため、消臭スプレーを使うことをおすすめします。

ジャケットなどはたまにしか洗濯しないため、臭いが残りやすい点に注意してください。

ミドル脂臭や加齢臭を予防することができないのか?

ミドル脂臭や加齢臭を予防できるのであれば、それに越したことはありません。

実際のところは体臭の強さには個人差があります。

そのため、中高年になったからといって、絶対に臭いがするとは限らないのです。

 

また、生活習慣の違いによって、ミドル脂臭や加齢臭の強さに違いがあるともいわれています。

基本的には健康に気を使わない生活をしているほど臭いが強くなりやすいです。

お酒やタバコの過度な摂取、肉や魚の食べすぎ、あまり運動をしない、夜ふかしが多いといった点には注意しましょう。

まとめ

30代男性の加齢臭について解説しました。

実は30代男性で多いのはミドル脂臭の方であり、それに加えて加齢臭や汗臭もします。

しっかりと体を洗うことを心がけて、髪も丁寧に洗えば、臭いを取り除くことが可能です。

規則正しい生活習慣も意識しましょう。

未分類カテゴリの最新記事