若ハゲになってしまったらどう対策すればいいの?

  • 2020.09.14
若ハゲになってしまったらどう対策すればいいの?

若ハゲに悩まされている人はたくさんいます。

若いのにハゲてしまうのはとてもつらいですよね。

そこで、若ハゲの対策はどうすればいいのか解説しましょう。

若ハゲになる原因とは

若ハゲの原因として、もっともみられるものはAGAです。

これは男性型脱毛症のことであり、20代以上の男性であれば幅広く発症例が見られる病気です。

男性ホルモンが原因となって髪の毛の成長サイクルが乱れてしまい、抜け毛が増えていき薄毛になります。

AGAは遺伝的な要因が強いとされているのですが、はっきりとした原因は未だにわかっていません。

それでも多くの成人男性がかかるとされているため、AGAによって若ハゲになるケースは多いです。

 

ただし、若ハゲのすべてがAGAであるとは限りません。

たとえば、円形脱毛症などの脱毛症を発症していて若ハゲになるケースがあります。

生活習慣の乱れや仕事のストレスなどによって脱毛症を引き起こしてしまうケースは多いです。

睡眠不足や運動不足、過度の飲酒や喫煙、栄養バランスの乱れた食事なども若ハゲを引き起こすとされています。

そのため、普段の生活習慣をしっかりと整えることが大切です。

若ハゲになったらどうするべきか

もし、まだ20代なのに髪の毛が薄くなってしまったならば、その原因を特定することが大切です。

ただし、自己判断で原因を見つけることはなかなか難しいです。

そのため、基本的には医療機関で専門医の診断を受けて原因をはっきりしてもらうべきでしょう。

 

AGAが原因なのか、それとも円形脱毛症などが原因となっているのか調べて、適切な治療を受けるのです。

若ハゲの治療法としては、AGAであっても、円形脱毛症などであっても、基本的には薬物治療を行います。

たとえば、男性ホルモンの作用を抑える薬や頭皮の炎症を抑える薬、育毛や発毛効果を期待できる薬などを使います。

 

治療薬は飲み薬と塗り薬があり、いろいろな効果的な薬が出ており、それぞれの患者の状態などに合わせて処方されます。

注意点としては、薬には副作用が生じる可能性があります。

かならず、医師の処方のもと正しい用法容量で服用し、何かトラブルがあったときにはすぐに服用するのをやめて医師に相談すべきです。

若ハゲの前兆とは

ある日、当然若ハゲになってしまうという人は少ないです。

多くの場合は何らかの前兆があります。

たとえば、抜け毛が増えたと感じたときには注意しましょう。

 

これは髪の毛が細く柔らかくなっていて、抜けやすい状態の毛が多いからです。

この時点でかなり症状が進行している可能性があるため、早急に治療を受けて対処するべきです。

頭皮にかゆみが生じる、赤くはれているといったケースも注意しましょう。

これは頭皮が炎症を起こしている証拠です。

たとえば、皮脂が頭皮の毛穴の中につまってしまい、そこで炎症を起こしています。

毛穴の炎症によって、そこから髪の毛が生えてこれなくなり、それが抜け毛や薄毛につながってしまいます。

若ハゲを予防するには

若ハゲは生活習慣の乱れによって引き起こされることが多いです。

そこで、まずは普段の生活を見直していましょう。

定期的に運動をして、食事は野菜や果物もたくさん食べるようにして、タバコや飲酒を控えるようにして、毎日たっぷりと睡眠を取る生活を心がけましょう。

 

仕事で残業続きでストレスが溜まっているといったケースでは、適度に休むことが大切です。

心身にストレスを溜め込まないようにしてリフレッシュを心がけましょう。

毎日のヘアケアも重要です。自分の頭皮や髪の毛に合ったシャンプーを選び、頭皮マッサージをすると良いです。

若ハゲになりそうだと感じたならば、育毛剤を使うのもおすすめします。

まとめ

若ハゲについて解説しました。

AGAの発症や生活習慣の乱れ、円形脱毛症などによって若ハゲになることがあります。

生活習慣を見直し、ヘアケアを心がけて、きちんと病院で検査と治療を受けるとよいでしょう。

カテゴリの最新記事