間違ったダイエットがリバウンドにつながる?正しくかっこよく痩せる方法を解説します

間違ったダイエットがリバウンドにつながる?正しくかっこよく痩せる方法を解説します

ダイエットに挑戦したことのある男性は多いと思いますが、なかなか結果が出ずに断念してしまったという人がほとんどだと思います。

もしくは一時的に結果が出たものの、すぐにリバウンドしてしまったという人も多くおり、思うような結果を手にできないのがダイエットです。

 

ダイエットは正しい知識を持って取り組まないと結果が出ないだけでなく、健康を害する可能性もあるものであり、根性論ややせ我慢では効果は出ません。

今回は、ダイエットに関しての間違った方法について指摘した上で、かっこよく痩せる方法について解説します。

正しいダイエット方法とは?

「ダイエット」という言葉を聞いてあなたはどんなことをイメージしますか?

おそらく殆どの人が「体重をへらすこと」と思ったと思います。

 

これは決して間違いではありませんが、体重をへらすだけがダイエットではありません。

以下では、間違ったダイエット方法について解説したうえで、リバウンドしにくい正しいダイエットについて解説します。

体重だけを意識するとどうなるか

健康診断で肥満と診断された人、最近お腹がたるんできた人が一念発起してダイエットに挑戦し、結局断念してしまったりすぐにリバウンドしてしまう人に多くありがちなのが、過度な食事制限によるダイエットです。

 

朝ごはんを食べない、昼はサラダだけ、夜もほんの少しだけの食事でしのぐという生活をしていれば、体重は確実に落ちます。

しかし、ある程度体重が落ちたときにご褒美としていつもどおりの食事を再開し、それが再び継続されてしまうとあっという間にリバウンドしてしまいます。

 

食事制限によって確かに体脂肪は落ちていますが、この時一緒に筋肉も減少しています。

 

筋肉が減少するとどうなるのでしょうか?

実は筋肉は基礎代謝に大きく関係しており、筋肉量が減ることで基礎代謝が大幅に低下します。

 

基礎代謝とは人間が生きていく上で自然と消費されるカロリーのことであり、基礎代謝が低いと太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

食事制限で筋肉を落とし基礎代謝が低下すれば、すぐにリバウンドしてしまうことは明白です。

サプリに頼る

テレビCMやネット広告で頻繁に目にする「ダイエットサプリ」。

このサプリを試した人が1ヶ月で◯kg痩せたなどの体験談を語ることでサプリの効果を謳っていますが、実際にサプリを飲んだだけで体重(脂肪)が落ちるということは無いと考えましょう。

 

もちろん効果的に脂肪燃焼に作用するような成分を配合したサプリもありますが、サプリを飲んだ「だけ」で脂肪が勝手に燃焼するということはほぼありません。

楽して痩せたい気持ちは理解できますが、やはりダイエットを成功させるにはサプリに頼り切るのはだめです。

運動は必要

健康的にダイエットしたいのであれば、運動は欠かせません。

運動には種類があり、まずは何もしないよりは体を動かすのであれば何でも良いのですが、特におすすめしたい運動が筋トレです。

 

先程、筋肉の減少が基礎代謝の低下を招くことについて言及しましたが、筋肉をつけながら体を絞っていくことで脂肪が燃焼しやすくなり体自体は男性らしくなるというメリットを得ることができます。

有酸素運動も脂肪燃焼に効果的ですが、筋トレの後に有酸素運動を行うことで脂肪燃焼を促進させることができます。

食事も気を遣う

ダイエットを成功させるには食事も大事です。

ダイエット中の食事とはいえ、無理な食事制限をするのではなく必要なものをしっかり食べるというメリハリのあるダイエットをすることでリバウンドを防ぐことができます。

三大栄養素と呼ばれるたんぱく質・糖質・脂質の中でもたんぱく質の摂取量を多めにし、目安として体重×2gのたんぱく質を摂取できれば理想です。

体重70kgの人なら140gというような形で摂取するということです。

 

たんぱく質は肉や魚に多く含まれますが、肉を食べる場合には脂身をカットしたり皮を剥いで食べることで余計な脂質を摂取せずに済みます。

体重より意識すること

体重をだけを追いかけるのがダイエットではありません。

むしろ体重だけをゴールにしてしまうと、その目標体重を達成した瞬間にダイエット終了となり、いとも簡単にリバウンドということになりかねません。

そこで数値として意識するのは体重だけでなく体脂肪も意識しましょう。

 

筋トレを行って筋肉量が増えれば体重が落ちにくくなるのは当然です。

体脂肪が落ちればそれだけ体が引き締まってことを意味するので、是非意識しましょう。

 

 

そして、もう一つ意識すべきなのが「見た目」です。

鏡に写った自分の体が変わって来たかどうかを判断するということは大事です。

数字には現れない変化が見た目には生じます。

 

昨日よりお腹が凹んでいる、腹筋がうっすら見えてきたなどの見た目の変化は大きなモチベーションをもたらしてくれるものです。

まとめ

以上、ダイエットについて解説してきました。

ダイエットを行う際にはあまり短期間で結果を出そうとせずに、2ヶ月〜3ヶ月くらいのスパンで調整していきましょう。

体型の維持や筋力アップによるさらなる肉体改造など、ダイエットの過程でモチベーションを高く保つことができればうまく起動に乗せることができます。

正しい努力をすれば確実に結果は出ます!

ダイエットカテゴリの最新記事