男性必見!間違った洗顔をしていない?洗顔の正しいやり方

男性必見!間違った洗顔をしていない?洗顔の正しいやり方

スキンケアの基本は洗顔、保湿、UVケアです。
とくに男性は、皮脂の分泌量が女性より多く、酸化した皮脂が悪さをするため、ニキビや、毛穴の開き、黒ずみなどのトラブルが起こりやすく、洗顔は重要です。

では、どのように洗顔をすればいいとか基礎をおさらいしていきましょう。

 

泡だてネットを使う

洗顔には泡だてネットを使いましょう。

洗顔フォームを泡立てる理由は以下の二つ。

・きめ細かい泡は汚れ落ちが良いため
・直接肌を擦らずとも汚れが落ちるため

洗顔ネットを使うと手で泡立てるよりキメの細かい泡がたちますので、毛穴の汚れにも密着し泡が汚れを包み込んでくれます。

そして、泡の弾力が手と顔の間のクッションとなり、肌に余計な摩擦をくわえずに洗い上げることが出来ます。

 

こすらず優しく

皮脂が多いとついゴシゴシ洗いたくなってしまいますが、強い摩擦は皮膚への負担となり、将来的なシミやシワの原因となります。
泡を優しく肌に載せ、肌には触れずに泡だけをくるくるとマッサージするように洗顔しましょう。

洗いすぎも良くはありませんので、1分程度を目安に洗顔します。

 

すすぎはしっかり

石鹸カスが皮膚に残ると、毛穴の詰まりの原因となりますので、しっかりすすぎましょう。
目視で顔全体の泡がなくなっても、数回追加ですすぐようにして下さい。

この時も、優しくゴシゴシ擦らずすすぐことを意識するといいですね。

 

ただ、すすぎ過ぎも過剰に油分をとってしまう行為です。
ですので、少ないすすぎで泡切れの良い洗顔料を選ぶというのも大事です。

 

シャワーですすがない

夜間などは、入浴のついでに顔の正面からシャワーを当ててすすいでしまう方も多いかと思います。
ですが、シャワーの水圧の強さは肌には強すぎるため、ダメージを与え肌トラブルの原因にもなります。

洗面器に水をはり、手でパシャパシャと優しく濯ぐようにしましょう。

 

洗面器がないなど、どうしてもシャワーを使いたい時には、非常に弱い水圧で洗ってください。

 

水の温度は32℃少し冷たいくらいに

洗顔には温度も大事です。
顔の皮膚は体より薄くデリケートなため敏感。
温度が高いと、皮膚には刺激になりますし、皮脂も落ちすぎてしまいます。

ですが、冷たすぎると逆に皮脂が落ちません。

 

では、どれくらいの温度が良いのかというと32度です。
少し冷たく感じるくらいの温度を目安に洗顔しましょう。

 

保湿も必ずしよう

洗顔後の保湿も重要です。

皮脂に悩むことの多い男性は、保湿をしたら余計ベタベタになるのではないかと不安に思う方も多いのですが、実は逆。
保湿をしないと、肌が防衛反応で皮脂を過剰分泌してしまい、余分な皮脂が皮膚トラブルを招いてしまうのです。

ですので、洗顔後の化粧水・乳液は必ずおこなってください。

では、どのようなスキンケア用品が良いのかというと、いろいろ試し自分にあったものを見つけるしかありません。
おすすめなのは、バルクオムなどの男性用に開発されたスキンケア用品ですね。

 

バルクオムは洗顔料は泡切れもよく、化粧水もしっかり保湿してくれ、様々な肌タイプにも使用ができます。
初回購入キャンペーンなどもおこなっているので、参考に公式サイトをチェックしてみてはいかがでしゃうか。

スキンケアカテゴリの最新記事